Pocket

向かい合い年賀状は、毎年確実に出せるわけではありません。年賀状を用意する年に家族に不幸があった場合、新年の挨拶、お祝いの言葉を兼ねる年賀状は遠慮しなければなりません。そのことを知らせるものが、喪中欠礼になります。この場合、封書でお知らせするのではなく、はがきを用いるのが、一般的となっております。ちなみに、喪中欠礼を出す相手は、故人、または差出人が年賀状をもらっていた方を中心に、故人の付き合いのあった方、差出人の付き合いのある方々になります。この場合、お葬式に参列してもらった親戚には出す必要はありません。

喪中欠礼のはがきを郵便ポストに投函する時期は、11月下旬から、遅くても12月中旬には投函する必要があります。年賀状のやり取りをしている、付き合いのある方々が年賀状を郵便ポストに投函するまでには、不幸があったことを知らせておかなければなりません。もしも、年賀状が届いた場合には、失礼のないよう、松の内があけてから、寒中見舞いを出しておきましょう。

最後に、喪中欠礼の基本構成についてですが、喪中につき年末年始のご挨拶はご遠慮申し上げます等の喪中欠礼の挨拶、亡くなった方のこと、相手の健康や繁栄を願う言葉等、年月、差出人の氏名、住所、郵便番号となります。